2008年05月29日

NY郊外 ロックフェラー邸へ

 ロックフェラー邸へ行ってきました。ロックフェラーというとマンハッタンにあるロックフェラー・ビルディングが有名ですが、邸宅はNY郊外にあります。
 ツアーを旅行会社に頼んだところ、何と二人だけだったので、日本人ガイドさんと3人の何だか貸し切りタクシー状態でツアーが始まりました。
 ロックフェラー邸に行く前は、フェア・ローンというところにある墓地で、野口英世氏、高峯譲吉氏などの墓石も見学。
 因みに、野口英世氏のお墓は、ロックフェラー氏によってたてられたそうです。
 きっと・・・日本人ツアーではないとラクは来なかったと思います。個人で行くにはちょっと場所的にも難しいかなぁ〜と思いました。

 さて、ロックフェラー邸はというとマンハッタンから約1時間半くらい車で行ったところでしょうか。先ずは、ロックフェラー財団の事務所のような所に行き、ガイドさんが手続きをしてくれました。ツアーの目印となるシールをシャツに貼ったら、ミニバスに乗って、いよいよロックフェラー邸へ向かいながらツアーが始まりました。ミニバスからは日本人ガイドさんと離れて、英語ツアーです。このツアーなんと予定の2時間を上回り結構疲れました。
 何と言っても、「広い」「豪華」「素敵な美術品」という感じで、ラクとしては王侯貴族のお屋敷並みのすばらしさを実感しました。

 

ちょこっとだけ、撮った写真を掲載します音符
529 ロックフェラー邸.jpg
こちらが、美術館並みといっても良いのではないかと思われるロックフェラー邸の正面です。

529  ロックフェラー邸 厩舎.jpg
 こちらは、厩舎として使われていたようです。中には馬車が何台かと、クラッシックカーが10数台ありました。これだけでも、普通の家より大きいくらいの広さです。。。


 英語ツアーの後は、再び日本人ガイドさんの案内でユニオン教会に行きました。
 こちらの教会はやはりロックフェラー氏が資金を出して作られたステンドガラスで有名です。作者はというと一枚はマティス、他の作品はシャガールでした。
 お天気も良かったので、キレイにステンドガラスが見えました音符
529 ユニオン教会.jpg


 ちなみに・・・ニューヨーク郊外の町並みはこんな感じでした。
 何だか歴史ある町だそうで、ヨーロッパのような雰囲気が醸し出されていました。



ラクからのお願い

只今ランキング参加中です。励みになるので、クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
blog ranking.gif
ありがとう♪






ニューヨークの情報はいかが♪


【予約】 地球の歩き方 ニューヨーク 2008〜2009

ニューヨーク

ホントに美味しいNY(ニューヨーク) 10ドルグルメ







posted by キャメル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。