2008年03月12日

アレンジ・ドレッシング

ニュージャージに来てからというもの、レタスを主体としたサラダを毎夕食の一皿とするようになりました。
 ところが、毎回同じような味で食べるのもちょっと。。。と思うわけです。
 日本でのサラダの時は、結構自作ドレッシングを作っていたのですが・・・こちらでは
ドレッシングにする調味料に限界が今はあるためなかなか難しい。
 日本にいたときのドレッシングは。。。
 めんつゆ、ポン酢・黒酢・バルサミコ酢、お醤油、胡麻ペーストなど様々。
 ラクが作る場合はノン・ドレッシングが基本です。
こうした調味料を3種類くらい合わせて作ったり、あと胡麻ペーストとお豆腐、ポン酢・めんつゆを入れてペーストにしてグリーンサラダにかけます。これはダーが好きなドレッシング。アメリカに来てからもリクエストされていますが、まだ作っていない・・・日本のお豆腐の柔らかさが必要なような気がして・・・日系スーパーに行かないとね。
 住み始めたばかりなので、調味料もまだ十分にそろえていない状態。
 「今夜はどうやってサラダを出そうか?」といつものように思案中。
 ここ数日ポテトサラダも2種類だしたし、またじゃがいもでは芸がそろそろない。
 バジルも微妙に残っているし、トマトを使おう。 キュウリもミニキュウリ(ほとんど日本のキュウリのように使えるし、量的にも1本で十分)がある。
 あまりしないけど・・・トマトとキュウリをサイコロに切って、お塩とオリーブで軽くあえる?などと思いきや、冷蔵庫にアンチョビがあったのを思い出し、お塩とオリーブ案は却下。
 トマトとキュウリをサイコロにきって、アンチョビを包丁でたたき、ポン酢をかけて和える。これだぁ!。今日はこれ!早速作って、あとはハンバーグを焼くのみの状態。
 ダーが帰ってきて、食卓に着き・・・サラダは新作だと一応アピール。しかしながら、ダーはハンバーグを食べるのに夢中。早くサラダ食べてくれると良いのだけど・・・と思っていたら、ようやくサラダに手が伸び、「ん?何入れたの?」と言いつつ、ダーは味分析が得意なので私が黙っていると「アンチョビ?」と聞いてきたので、ラクは頷く。
 「おいしいからまたこれ作ってね!」とダーが言う。
 「やったー!」とラク。
 これでまた一つレシビが増えました。

 因みに、今夜のハンバーグはル・クルーゼで買った油が落ちる樹脂加工されたフライパンで
焼いたもの。脂は確かに落ちるし、表面が堅く、中が柔らかくジューシー。ナイフで食べるより、ハンバーガー向きな焼き加減となりました。こちらもまた作ります。
 悩みは・・・ル・クルーゼの重さです。


posted by キャメル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。