2008年03月13日

キャベツの甘み

 今夜の夕食には、巻かないロールキャベツを作ることに。
 要は・・・挽肉とタマネギ・ニンニクそしてキャベツを煮込むお料理です。
 本を参考にして作りましたが・・・トマトピューレだと・・・缶詰を1回で使い切る
ということはないので・・・トマトペーストの小さな缶を利用。そして生トマトを1個
投入して作りました。
 ・・・で、驚いたのは、キャベツを切ったときのこと。参考にした本によると、必ず
キャベツの芯を叩いて入れるようにとありました。何でも甘みがでるそうです。
 半信半疑ながら試してみることに!すると・・・確かにキャベツの芯を叩いていると・・・
キャベツのにおいがほのかに香ってきました。甘い香りがすると実感。
 う〜ん。。。いつも芯は捨ててしまっていたことに反省。
 他にも何かキャベツの芯を利用してできることがあったら良いなぁと思うラクです。
 夕食にだした初・巻かないロールキャベツはダーも気に入ってくれたようで、
よく食べていました。
 キャベツをゆでない、巻かないというのは時間短縮になって、気軽に作れる感じがして
ラクもお気に入りの一品になりそうです。


posted by キャメル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。