2008年03月20日

ネバネバ元気?!

 アメリカに来てからというもの、ラクとダーが住んでいるのはニュージャージーという日本人が多く住む地域なので、日本食材を入手することは比較的容易です。ただ・・・「日本のように売っているのか?」というと、それはまた別。お豆腐はこちらの人も口にするらしく、アメリカのふつうのスーパーでもこちらで製造されているお豆腐は手に入ります。「では納豆は?」となるとこれはまた別。日本にいても「納豆」を好んで食べるというのはやはりそう多くはないのではないでしょうか?それでも最近は関西方面でも以前に比べると消費されるようになったとか。とはいえ、ここはアメリカ。アメリカ人が好んで「納豆」を食べるというのは夢のような話では?と思う。もちろん、アメリカの人だって中には「納豆好き」がいるかもしれませんが・・・まぁ、探す方が難しいでしょう。というわけで、「納豆」は日系スーパーだけで目にすることが出来ます。しかも、種類の多さといったら、日本のスーパーよりもあるのではないかと思うほどに。初めて目にする納豆のパッケージに驚いたりもします。日系スーパーの規模が大きいと想像されるかもしれませんが、それほど大きくはありません。日本の比較的何でも揃うスーパーと同じくらいの規模です。
 「納豆」パッケージに驚くと同時に、こちらに来る納豆のほとんどが冷凍されていると言うこと。フレッシュなものというのはあるにしても賞味期限が当然日本よりも短いようなきがします。というわけで、我が家でも「納豆」を手に入れても冷凍なので、ラクはいつも「納豆汁」にして朝食に何度か出していました。何度か「納豆汁」が食卓に登場したところでダーの「納豆ご飯が食べたい」という一言。ダーの気持ちはわかるラクではあるが・・・「冷凍された納豆を解凍してご飯にして美味しいのかどうか疑問に思う。というわけで、「納豆ご飯」の前段階として、今夜の食卓は「納豆キャベツサラダ」に。これは日本でもよく作っていたサラダで、ダーにも好評。というわけで、久々に、そしてアメリカで初めて「納豆キャベツ」を作りました。キャベツを千切りにして、電子レンジでしんなりさせ、そこに叩いた納豆と刻んだネギなどを混ぜ、調味料は納豆に付いていたタレとカラシ、マヨネーズ少量などを入れ混ぜるだけ。今回ラクは、日本から持ってきた海苔の存在に気づいたのでせっかくなので、海苔も手でちぎって投入。さて、ダーは「納豆キャベツ」は「納豆汁」より満足していそうな様子ではあってもやはり「納豆ご飯」が良いという感じ。
 「納豆キャベツ」以上に今日は「牛挽肉の麻婆豆腐」が美味しい様子だったので、これはこれで良かったかなと思うラクでした。


 〜〜〜♪ラクの「納豆キャベツのサラダ」♪〜〜〜
 
 (2人分)
 キャベツ  1/4個
 納豆    1パック
 海苔    1枚(手巻き用)
 調味料は
 納豆パックについていた タレとカラシ
 マヨネーズ 大さじ1
 (味が足らなければ)
 めんつゆ  小さじ1

 


秘密日記 ご本人のアクセス時のみ表示
 

posted by キャメル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。