2008年03月27日

やっぱりショウガ焼き

 我が家のメニューは、ダーのご希望に合わせて決まることが多い。ラクにとっては有り難いことこの上ないことは確かです。おそらく主婦の大多数は、お料理好きであっても「献立を決める」というのは時には面倒だったり、悩ましいことのように感じられているはずですから。そうはいっても、たまにはラクにだって「作りたいもの」があったりしたところに、ダーが違うメニューを言ってくることもありますが、「作る順番」の交渉をするだけでたいていは住むので、やはり「食べたいもの」と教えてもらえることは間違いなく有り難いのでした。
 というわけで、今日の献立もダーのご希望で作ることになりました。おおよそのあらましは次の通り。

 「鶏の照り焼き」といった和風メニューを食べたダー。その後、「明日は豚の薄切り肉を使って、おかずにする」とラクが言うと、「ショウガ焼きだなぁ」とダーの一言。「今日も和風なのに、明日も和風でいいの?」と聞き返すと、迷うことなく頷き、「YES」の合図。
 
 日本にいた時から、手軽に作るおかずの中で、ダーの人気ナンバーワンから外れないおかずが「ショウガ焼き」。ラクにはなぜこれほどまでに「ショウガ焼き」を好むのか今ひとつわからない。ただ、ダーが「ショウガ焼き」を作ると喜んでくれるという間違えのない事実を認知しているので、詳しく「ショウガ焼き」がいかに良いのかはまだ聞いたことはないのでした。

 メインのおかずが決まれば、あとは野菜の献立を作るだけ。こちらに来てからは大体グリーンサラダが一品お決まりになっているので、軽く野菜を炒めた一品を作ると・・・夕食が出来上がるというシステムがあるので、(とはいえ、そろそろこのシステムだけでは飽きるなぁと思いつつ)今のところコレに従っています。あっという間のできあがりになるのがこのシステムの嬉しいところ。

 というわけで、遅く帰ってきたダーは「ショウガ焼き」を満足しつつ、家でくつろぐのでありました。

 〜〜〜♪ラクの作ったショウガ焼き♪〜〜〜

 (二人分)
 ショウガすり下ろし   大さじ2
 ニンニク みじん切り  小さじ2
 日本酒         大さじ1
 お醤油         大さじ1
 みりん         大さじ1

 *ニンニク以外は、他の調味料と合わせておいて、お肉に色が付いてからフライパンに入れて絡めています。ニンニクはお肉を焼く前にフライパンに油を薄くひいてからニンニクを入れて少し香りを出しています。
 


posted by キャメル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。